Interview 社員インタビュー

社員インタビュー

営業第二課 藤原謙吾

扱うのは大きな商品。それだけに、喜びは大きい。

入社して2年目で営業を担当しています。大学のときに人材紹介会社を経由して入社しました。僕は、人材紹介会社の担当者と相談して、不動産業界が向いていそうというアドバイスをもらったので受けてみたという感じで、最初からこの業界への興味が強かったという訳ではないんです。逆に希望業種があった訳でもなくフラットな状態だったので、やってみたら面白いかもしれない、というチャレンジ精神でこの仕事に就くことになりました。

友人に話を聞くと、残業も他の業種よりも多いみたいですし、大変な仕事だという実感はありますが、定時で帰るのも違うなと感じていますし、ある程度努力に比例して収入もあるので、そういった意味では他の人がうらやましいと思うことはあまりないですね。

また、上司、先輩社員、役員含めて、人間関係がよく、働きやすい環境というのが、当社で仕事を続けていたいと思える1番の理由だと思います。現場ではまだ上司に同行してもらって進める案件も多いですが、売り上げをあげている人のやり方を間近でみることができるのもとても勉強になります。

仕事においては、大きな商品を扱う仕事でもあるので、契約が1本取れたときの喜びはひとしおですし、感謝の言葉をいただけるとうれしいです。あと、個人的なことですが、同世代では持っている人が少ないような、ちょっといい時計を買うことができたんです。これから先も、この時計を見るたびに初心に帰れそうな気がしますし、この時計に見合う人間になりたいなという気持ちをもつことができて、それが仕事のうえでのモチベーションにもなっています。

この業種が本当に僕に向いているのかどうかわかるのはまだこれから、というところだと思いますが、デスクワークよりも体を動かす時間が多いことが性に合っていますし、きついことがありながらも2年続けてきたので、合わない仕事ではないんだろうな、気合いを入れて頑張っていこう、という気持ちで日々邁進しています。

その他のインタビュー

  • 営業一課 石井 聡美

    栄養士から転身、「自分主導」な働き方ができる環境

  • 営業二課課長 田中 宏樹

    「独立したい」という気持ちを歓迎してくれる、自由な社風

  • コンサルティング事業部 稲井誠

    自分で仕事を生み出すことができ、限界のない仕事