Interview 社員インタビュー

社員インタビュー

営業一課 石井 聡美

栄養士から転身、「自分主導」な働き方ができる環境

 私は、もともと管理栄養士として病院で働いていました。でも、前職で毎日同じ作業を続けるということがあまり向いていないと感じたことと、自分の頑張り次第でお給料が変わるという仕事がやってみたいという思いをずっと持っていたんです。それなら営業職だろう、と転職して1年ほどになります。

 生活の中で仕事をしている時間が一番長いと考えたときに、充実した仕事をしたいですし、人より仕事ができる人間に憧れていたので、数字で結果が見える仕事の方がやりがいを感じられると思いました。

 営業職は、考えることが多いですし、結果としてついてくることも多いので毎日が刺激的で楽しいですね。入社してすぐは雑用ばかりということもなく、早い段階でたくさんのお客様と関わることが多かったです。こうしてみたいという提案も相談しながら自由にやらせてもらえる社風なので、誰かのアシスタントではなく自分が主導して仕事ができるのも、この会社に入ってよかったと思えることのひとつで、自分が理想としていた働き方ができていると思います。また、入社してすぐに新卒で後輩がたくさん入ってきた時期だったというのも、より自分の成長につながっていると思います。

 とはいえ、まだまだ社内では歴が浅い方なので、案件によっては先輩社員の力を借りることもあります。そういうときに惜しみなくサポートしていただけるので、安心して働くことができています。また、職種的に個人個人で動くのが基本になりますが、案件が重なって忙しい人がいたら、同じチームの人がフォローをするなど、チームワークを感じる瞬間もあって、営業職にイメージしがちなギスギスした雰囲気がなく働きやすい環境だと思っています。

 1日の働き方としては、午前中は主にメールや物件のチェックを、午後からは実際に物件に出向いて写真を撮るなど、お客様に提案するときや内覧のときにより詳しく説明できるように勉強しています。夕方に会社に戻って電話対応やメール対応、事務作業をするというのがアポのない日のルーティーンになっています。勉強を強制されることもない自由な社風ですが、とにかくたくさんの物件を見ることが自分の糧になるので、自主的に動いています。

 なかなか契約が取れなくて厳しい時期もあるなかで、モチベーションをキープし続けるのが大変なときもありますが、それでも頑張らないと次の波につながらないので、結果出したいという思いで頑張っています。それに、結果を出している社員は努力タイプが多いので、そういう先輩の背中を見て、やる気を出すこともありますね。

 自分の頑張り次第で収入が変わるのがやっぱり営業職の大きな特徴ですし、そういう意味で1か月、2か月先の未来を自分で変えることができるのがこの仕事の魅力だと思います。

その他のインタビュー

  • 営業二課課長 田中 宏樹

    「独立したい」という気持ちを歓迎してくれる、自由な社風

  • 営業第二課 藤原謙吾

    扱うのは大きな商品。それだけに、喜びは大きい。

  • コンサルティング事業部 稲井誠

    自分で仕事を生み出すことができ、限界のない仕事